プロの料理人も実践!台所道具のメンテナンス方法

サボると怖い?お台所で使う道具のメンテナンス

素材が料理を左右する

料理人や、料理好きの方が最も大切にしているのが、包丁の切れ味です。 何を作るにしても「切る」ことから始まりますし、仕上がりに大きく影響します。 素材には「鋼」「ステンレス」「セラミック」が主で、中でも「鋼」の包丁は切れ味の良さや耐久性に富むことから、人気が高いです。 「鋼」とは鉄の種類の呼び方です。

錆びにくく手入れが楽?

包丁や鍋に始まり、ボールやバット、レードルやフライ返しなど、非常に多くの調理器具に使用されているステンレス。 英語で書くと「stainless」、つまり「錆びない」という意味そのものです。 錆びにくい上に丈夫であることから、調理器具はもちろん、厨房の冷蔵庫やシンクの躯体としても使われています。

様々な素材のお手入れ方法

調理器具には鉄やステンレス以外にも琺瑯を使った鍋やダイヤモンド加工されたフライパン、アルミニウム製、銅製のもの等様々な素材があふれています。 もちろん、お手入れ方法も様々です。 特に、金属製のものは、使う薬剤によって変質してしまうものもあるため、注意が必要です。

手はかかるけど魅力的

調理人のような職人さんは、道具が命。
幾ら素晴らしいアイデアがあっても、技術があっても、道具の性能が悪ければ味わいも半減してしまうものです。
例えば、切れ味が悪くなった包丁で切ると、断面がギザギザし、舌触りが良くない、そして、飾り包丁の見栄えも悪くなってしまいます。
お鍋にしても、洗い、濯ぎがしっかりしていないと、前に作った料理が充分に取り切れておらず、味が混じってしまったり、匂いが移ってしまい、本来の味が楽しめない、という残念なことにもなりかねません。
それに加え、作業の効率も下がってしまいます。
お客様相手に料理を提供している料理人にとっては命取りですよね。
そんなシビアな世界に生きる調理人に限らず、使い慣れた道具はいつもパーフェクトな状態であってほしい、そして長持ちして欲しいと思う事でしょう。

長持ちの秘訣はメンテナンスにあります。
日頃からのお手入れはもちろん、「ちょっと切れ味が落ちたな」とか「焦げやすくなったかな」なんて思ったら、一度基本に立ち返ってメンテナンスを行ってみましょう。
メンテナンスの方法は、素材ごとに異なります。
料理に必要な作業には「切る」「煮る(ゆでる)」「焼く(炒める)」といったものがあり、それぞれに必要な器具にはさまざまな素材が使われています。
鉄やステンレス、セラミック、琺瑯、ガラス、焼き物などなど。
それぞれに特徴があり、料理人や料理好きの方は、それこそ料理によって使い分けています。
調理器具の素材ごとのメンテナンス方法について特に注意が必要なものについてまとめました。